Top
マリメッコ PUISTOTIE ファブリックパネル
略、理想に100%に近いファブリックにやっと出会えた。










生命力を感じられ、色目にピンクか、グリーンが入ってて、壁がパッと明るくなうような、
そんなファブリックパネルをずっと欲しかった。











f0170337_1137721.jpg

2012 マリメッコの新作。サブタイトルが”公園への道”なのだそうだ。



私は、VIORO(ヴィオロ)のマリメッコ直営店で確認して買いました。 






f0170337_11432891.jpg

息子はすぐ気付いた。




問題は、旦那で。。。。。。

帰宅し、普通にこのパネルを背にテーブルに座り、、、、






”ねぇ、なんか気付かんの?”

”へっ?”

”気付かんの?”

”えっ?ええっ~?”   1分位キョロキョロ探す。



         


      。。。一生気付くか!パネルはあんたの後ろ。。。。。(;一_一)。。。





私と息子の視線で後ろを振り返り   ”お~^^;・・・・・!”


ホントに、やりがいないよ。。。パパ。




パネルは発砲スチロール。生地幅があるので、20T×910×1820を2枚購入。

裏側はガムテで留めてる。


1番注意したのは、生地の張り。サイズが大きいのでタルミが出ない様に丁寧に。


折皺はアイロンでしっかり取り、パネルに一辺を止めると、霧吹きで軽く生地に水を与え、
タオルで皺が出ない様に延す。で、対面側をピッと貼る。




専門学校でやった、キャンパス作りと同じ要領です。






問題は、この柔らかい素材をどうやって、壁に吊るすか。。。。

木材では無いので、ビスなんて意味無いし。。










結局、こうしました。
f0170337_11512495.jpg

この、パーツ(名前が解らない。。)を画鋲で4か所留め、画鋲がポロっと取れそうなので、
上からガムテで留め。






f0170337_11513426.jpg

画鋲だけじゃ重さに耐えられないので、下にはコレ(名前が解らない。。)
見えてますかね~?


配線とかコードとかを壁に這わせる時に使ってある物ですね。



MarimekkoPuistotie (プイストティエ)/パークロード


こんなの見つけました早速、ダウンロードしました。



まだまだ妄想進行中。
↓ランキングに参加しています!クリックしていただけると嬉しいです
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドショップへ
にほんブログ村



Top▲ | by toytoymanma | 2012-03-16 12:25 | つくる  ぬの | Comments(0)
<< 春よ、来い早く来い。 | ページトップ | 北欧カスタムTVボード >>
"alice2" Skin
by Animal Skin