人気ブログランキング |
Top
山下 清  展
まずは、先日のSHOP 更新にお越し頂き、ありがとうございました。

先ほど、確定メールを皆さまにお送りいたしました。


GW明けからの発送となります。

暫くお待ちください。





GW、前半、行きたかった山下清展へ。
f0170337_17122073.jpg





付き合ってもいいよ~~と、軽い感じでムスコも一緒に。





元々、絵は好きなムスコは興味深々、見入っていた。

13歳で初めて仕上げた貼り絵は昆虫。
トンボとか、ほたるとか。




ドラマでの印象が強すぎる。本当の山下清をもっと知って欲しいと思いました。

旅先で作品はほとんど手掛けず、人並み外れた強靭な記憶力で自宅で仕上げています。


ドラマのように”放浪記”というものは本当に存在していた。
つまりは養護学園から書くように言われた、日記なのだ。


リュックや、いつも寝巻代わりになっていた浴衣も展示してありました。



貼り絵が有名ですが、水彩画、油絵、焼き物の絵付け、ペン画、多才でした。


貼り絵は実際目にすると、凹凸があり、紙もよってあったり、切手が使ってあったり、
とても興味深いものでした。



もっと興味深かったのは、おそらく、日記に書きとめてあったんだろうな、と伺える、
清のつぶやき。



ゴッホの絵を見た時の事をかいてあったのが、忘れられない。

”ゴッホは死んでから、絵が売れだした。
死んだのに、ゴッホはそれがわかるのかなぁ・・

ぼくも、死んだことがないので、解るかどうかわからない。

ぼくは、生きていて良かったと思う。”



そんな感じのコメント。素朴で、素直で。


150点もの作品に見入り、1時間半は居ました。


貼り絵の技術もさることながら、私は、その色合いにとても魅かれました。


とくに空の色、優しくって、よく見るといろんなトーンで、出来ていて。

ペールトーン。ミント色でもっと白に近くって、なんともゆったりした色。


菊の花のベージュ。肌色みたいな、桃色も入っていて、うすーいオレンジも入っていて。

一つ一つは貼ってある小さな紙なのだけど、出来上がったその色は、とても優しい集団なのです。



1ドル380円の時代にヨーロッパに渡り、目にした物はすばらしい作品になってました。



帰りに、        ”も一回、好きなとこ見て行こうか?”    by   母


             ”うん!!おれ、とんぼ!”       by   ムスコ


             ”おか―――さんは遠足の空の絵” 



f0170337_18364396.jpg


帰りにぬり絵を買ってかえりました。



15日までやっています。興味のある方はぜひ!!

まだまだ、妄想進行中。SHOP te-tote
↓ランキングに参加しています!クリックしていただけると嬉しいです
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドショップへ
にほんブログ村
Top▲ | by toytoymanma | 2011-05-02 18:40 | お出かけ | Comments(0)
<< 阿蘇 茶の原キャンプ場 | ページトップ | SHOP プレビュー開始しました。 >>
"alice2" Skin
by Animal Skin